CHARFILM

Steeper and Deeper

命を頂くこと

猪狩りに同行した、地形を熟知した地元の男達と共に山に入り、

GPSをつけた犬達が猪を追い、待ち伏せして散弾銃でうつ。

その地に生きる猪を狩り、自分たちでさばき、命を頂く、とても簡単なことだが、

とても意味深いことだと思う。それは人間の本来の姿に戻るまでの話だ。

この地に生きる猪を食べることによって、僕はもっと島に近づいた気がした。。。

Todays sky

西高東低の冬型の気圧配置になると、北西の風が吹き、雲が多くなり、雨や風をもたらす島の天気。時には天気予報とは全く異なり、風が雲を吹き流し、真っ青な空が覗く時もあるが、今日の朝のような雲の隙間から暖かい太陽の光が差す時がある。神秘的で神々しい光は、雲の間から海を照らし、緑を照らし、我々の生活を照らす。。僕はこの雲の間から照らす光が好きだ。

森と珊瑚と鯨

子供鯨をサポートする母親鯨、その目は優しく子供を見て、海を見て、地球を見て、僕たち人間を見ている。。全てを見通されている気がする。。。僕のことは見えているのか、人間には当たらないように泳いでくれた。この神秘的で不思議な鯨が僕たちのこんな側で優雅に泳いでいるなんて、なんて幸せなことなんだろうと思う。

いつまでもこの自然を子供達に!!!!

森と珊瑚と鯨

親子鯨にあった、楽しそうに優雅にこの大海原を泳いでいた。

僕たちが住む世界とはまったく次元の違う世界がすぐそばにある。

そのことを想像するだけで心が豊かになる気がする。。。

この大自然を子供達の時代にも残していかなければならない。。。

APA AWARD 2020

APA AWARD 2020 広告作品部門に、僕が撮影したNHK大河ドラマ西郷どんのポスターが3点入賞しました。

撮影時間が20分しか時間がない中、鈴木亮平さんに何度も桜島の前で、

気合を入れてジャンプしてもらって出来上がった作品。みなさんのおかげです。。。感謝!!!

2月29日から3月15日まで恵比寿の東京写真美術館で展示されます。

是非見に来て下さい!!!

***残念ながらコロナウイルスの為中止となりました***

film

filmには何か湿気を感じる、生物というか、その場の空気を感じることができる、、、

フォーマットが大きくなればなるほどそれを感じることができる。

僕はまたfilmの可能性を感じている、filmが好きだ。

Taro

CANOn Eos 5D mrk4  VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 28mm F2.8

味のある白黒が撮影できるレンズ。

愛犬タロウ今4ヶ月ちょい、やっと意志疎通ができるようになったかな。。。