CHARFILM

Steeper and Deeper

旅の途中

ヨット天城での旅の途中、、、

紀伊半島の九鬼の水軍達のことを想像しながら、深い緑の木々が生息する半島の中の奥、昔彼らが船を隠した場所か、、、まだ海は続くのかと思うほどの半島の奥に寄港した。

その途端、待っていたかのように山側の西空が夕焼けた。。もうこれ以上ないくらい真っ赤に空が焼けるのを見た。

天城のことを祝ってくれているようであった。。。

四国の沖では黒潮が藍色より深い色で流れていた、限りなく透明で深く青い藍色、、美しい日本の色である。。。

遠くからイルカたちがやってくるのが見えた、、、天城と並走して、はねたり、飛んだり、、遊んでいた、、

ヨットの下に潜り込み、前に行ったり後ろに行ったり、ヨットの引き波に乗り、、、時間と疲れを忘れさせてくれた。。

僕たちを歓迎してくているかのようだった。。

夜に一番気をつけなければならないのは、他の船との衝突と、船からの海上転落だ、、、

最大限の感覚を使いながら、闇の中を大きなタンカーを見張りすすんでいく、、

気がつくと天城の周りが不思議な色で明るかった、夜光虫である、

天城のひき波の衝撃に反応して夜光虫が光る、神秘的な海の色がずっと続いた。

夜明け前霧がかった九州が見えてきた、そしてまた別のイルカたちが並走して出迎えてくれた。。

イルカたちの楽しさと、夜光虫の神秘さと、三日月の優しさと、太陽の暖かさに、、、心動かされた。。。

この先三日間は天候が荒れるかもしれない、、、、

三日三晩回航し疲労が溜まった僕たちは、必然的に屋久島で休むことになった。。。

自分たちより年上の木々にあい、島を流れる水の循環を思いながら、滝や温泉に入り、

島の悠久の自然と時間を感じた。。。そして山の神々の使い、鹿と猿に挨拶をした。

三日後、僕たちはまた天城に乗り込み南に進路を向けた。

激しく雨の降る中を左手に屋久島を見ながら我々はできる限り南西の方に進路を向けた、

なぜならこの屋久島の南のトカラ列島のあたりは黒潮が東シナ海から太平洋に東に勢いよく流れているからだ、、

徐々に潮の流れが早くなり。波が荒々しくなっていった、、

右側に諏訪之瀬島がみえてきた、、、よく見ると空には噴煙が、、火山が噴火していた。。。

雄大な自然を感じる景色であった。。。

あたりは暗くなり、、、僕達は真正面に力強いサソリ座を見ながら、航海を続けていた、、、

まるで夢のような世界を走り続け、、、頭ではなにか考えているようだが言葉が浮かばなかった、、、

気づくと闇から開けていく空の色を楽しんでいた。。。

遠くに奄美大島が見えた。。。。この嬉しさは忘れられない。。。。。

そして一番大事な人にあいたいと思った。。。

無事に航海を終えれて、、、天城、、携わってくれた皆様、、ありがとうございます。。。

また思い出せる言葉で綴っていこうと思います。。。。

伊勢志摩から奄美大島まで

予定では6月5日に伊勢志摩を出港して、天気をうかがいながら、、

一週間ほどで、奄美大島まで回航するつもりだ。。。

想定できるあらゆる出来事に対応できる装備品をつみこみ、南西方向に舵をきる。。。

風の時代に幸運の風が、僕たちを奄美大島まで運んでくれるだろう。。。

この旅にはいくつもの思いがけない幸運が訪れてくれた、

その最初にして最大のものは、僕の人生最初のヨットが、

1967年に渡辺修治さん設計された木造船 天城 だったことである。

まさに先人の知恵を味方につけることができた気がする。。。

あとは幸運を祈るのみ!!!

よろしくおねがいします。。。

surf photographer

ノースショアの中でも世界中のサーファーを虜にしてやまないパイプライン、陽が傾くと現れるこのグリーンルームを撮影したく駆け出しカメラマンの僕は、当時ニコンが出していたニコノスと言う水陸両用フィルムカメラ35mmf2.8を片手に一意専心に波をくぐり沖まで泳ぎ撮影した。ピントを合わし大事にシャッターを押す36枚撮りのフィルムはなかなか終わりきらなかった。陽が沈む寸前に押せた最後の一枚、今でもこの瞬間を僕は覚えている。。。

月桃

奄美大島は梅雨の時期になると月桃の花がたくさん咲いてます。

道を歩くと香るこの匂い、、、

季節を感じる植物

photostory

カリブ海の真ん中に、シルバーバンクと呼ばれる珊瑚でできた海底が浅い地域がある。

そこは冬の間イルカや、クジラが繁殖と子育てのために生息している、美しく夢のような場所だ。

僕は国連の海洋調査隊と座礁した日本の貨物船の下を潜る機会があった。

暑くて飛び込んだ海の中は色とりどりの珊瑚と、クジラが優雅に泳いでいた。

今でもこのクジラの唄声をおぼえている。。ドミニカ共和国

aloha

世界中のサーファーが冬になると、まるで巡礼のように訪れるノースショアその中でもパイプラインは聖なる場所だ。夕方になるとパイプラインに現れるグリーンルーム、それは太陽の陽が波に透けて見える黄金で緑色の空間。ローカルレジェンドサーファー達が魅せた至福の時^_^
お互いをリスペクトし信じ合っているからこそできるライディング^_^
Derek & Liam

R.I.P.Derek Ho

天城

歴史ある名艇 天城

そこにあるだけで美しい!!!

渡辺修治さん設計1967年生まれのヨット、

リストアされて2011年に生まれ変わった天城。。。

船に住んで旅がしたい、そんな夢が一歩ずつ。。。

SONY a7s3

久しぶりに新しいカメラを購入、sensitiveなカメラ

isoがなんと60万と考えられない数字、

何が映る子が楽しみだ。。。

Border

境界線は人間が決めたもの、目に見えるものもあるし、見えないものもある。

水と空気、液体と気体、、、反対のものが存在するから、こちら側が存在する、

表があるから裏がある、、表裏一体

under water

水の中で息を止める、自分の心臓の鼓動を感じる、、、

体の力を抜いて、心を無にして、

海の波動、地球の波動、宇宙の波動に意識する、、

波長をあわせる。。。

遠くにクジラの歌が聞こえた。。。

New day

風の時代、、、宇宙の元旦、、、春分の日、、、

明と暗が半分半分の日、、、新しいことを始める日

むすめたちへ

瞳を閉じればあなた達がまぶたの裏にいることで、、、

私はどれだけ強くなれたことでしょう、、、

あなた達にとって私もそうでありたい。。。

 

nalu

NALU4 2021 今発売中のNALUの日本ロングボード紀行の写真と文章提供しました。

機会があればぜひみてください。

風の時代

目に見えない価値観、、意識の発展、、宇宙への目覚め、、

生まれ変わる魂、、大事なことは自分の意識にきずくこと、、

風の時代に生きていく!!!51!!!

SFO

サンフランシスコのヘイト&アシュベリーで撮影したヒッピー。

今でもこのときの空気を覚えている。。