CHARFILM

Steeper and Deeper

西郷どん

鹿児島県高千穂峰で撮影した最終章メインビジュアル西郷どんポスターできました。

明治維新の立役者西郷どんと大久保さんが呼び寄せた

雲海と夕方の光が劇的に二人を包み込んだ。

まるで二人を歓迎しているような奇跡的瞬間。

僕は作り込んだ写真よりその場の雰囲気、自然が起こす奇跡的な写真が好きです。

natural mystic

必然的偶然、偶然も自分が引き寄せるもの。

心を空にして風を感じれれば

宇宙の力を感じることができるに違いない。

夏休み

子供達に最高の夏休みの思い出になるように、お父さんは頑張ります。

大人になった夏の日に、ふっと思い出して笑えるように、、、

そして何か心の支えになりますように。

夏至

2018年6月21日 今日は夏至 あいにく奄美大島は曇で太陽は見えないが、なにか特別な日だと心が感じる。もっと太陽や月、水、土、風、光、、、と向き合い、人の心の奥深いところをざわざわさせて、語りかけてくるような写真を撮れるような写真家になりたい。

島の小学校

加計呂麻島 伊子茂集落の小学校もうすでに廃校になってしまった。学校の中心にはデイゴの木があり、今も集落の子どもたちの遊び場になりみんなを見守っている。なんだか懐かしい気持ちになった景色。ずっとこのままであってほしい景色。

Japonesia

Japonesia(ヤポネシア)は、戦時中、特攻隊隊長として加計呂麻島に赴任され、その後も長く奄美で暮らした作家、島尾敏雄氏の提唱した造語である。日本列島を日本国としてではなく、「島の連なり」として捉える。インドネシア、ポリネシア、ミクロネシアなどの太平洋の島々の連なりの中にある日本列島。本土の固い画一性によって切り捨てられ、失われつつある地域の持つ文化の多様性と豊かさ、ナイーブでいてたくましく、その土地土地と共存してゆく叡智に富んだ生命力。それらが、緩やかにかすかに変化しながら連なりゆく島々のことをヤポネシアとよぶ。その中の自然豊かな奄美大島に僕は住んでいる。日本は広くて奥深い。

samsara

輪廻転生 魂は死なずに何度でも生まれ変わり成長する。

全ては巡り巡って繋がっている。

この土も空も水も宇宙も風さえも、、、

それを少しでも僕たちが意識し、良い方向にむかえば

社会が変わり、世界が変わり、地球が変わるだろう。。。