CHARFILM

Steeper and Deeper

満月

満月の日の夕方、満潮にあわせてサーフィン、台風からのうねりも少し反応しはじめた。

日が沈んでからの魔法の時間、刻一刻と色は変化しあたりは赤紫一色に包まれた。

サーフボードの進む方向と波の力に夢中になって、ふと気づくと水平線の上から満月が輝いてきた。

なんとも幸せな時間。。。

夏休み

子供達に最高の夏休みの思い出になるように、お父さんは頑張ります。

大人になった夏の日に、ふっと思い出して笑えるように、、、

そして何か心の支えになりますように。

台風7号

台風7号からのエネルギーは奄美大島の最南東のこの場所で素晴らしい波となって、我々サーファーに喜びと至福の時を与えてくれた。

夏至

2018年6月21日 今日は夏至 あいにく奄美大島は曇で太陽は見えないが、なにか特別な日だと心が感じる。もっと太陽や月、水、土、風、光、、、と向き合い、人の心の奥深いところをざわざわさせて、語りかけてくるような写真を撮れるような写真家になりたい。

島の小学校

加計呂麻島 伊子茂集落の小学校もうすでに廃校になってしまった。学校の中心にはデイゴの木があり、今も集落の子どもたちの遊び場になりみんなを見守っている。なんだか懐かしい気持ちになった景色。ずっとこのままであってほしい景色。

Japonesia

Japonesia(ヤポネシア)は、戦時中、特攻隊隊長として加計呂麻島に赴任され、その後も長く奄美で暮らした作家、島尾敏雄氏の提唱した造語である。日本列島を日本国としてではなく、「島の連なり」として捉える。インドネシア、ポリネシア、ミクロネシアなどの太平洋の島々の連なりの中にある日本列島。本土の固い画一性によって切り捨てられ、失われつつある地域の持つ文化の多様性と豊かさ、ナイーブでいてたくましく、その土地土地と共存してゆく叡智に富んだ生命力。それらが、緩やかにかすかに変化しながら連なりゆく島々のことをヤポネシアとよぶ。その中の自然豊かな奄美大島に僕は住んでいる。日本は広くて奥深い。

SKYWARD

JAL機内誌SKYWARDにて4,5,6月号と新日本プロジェクトで西表島を撮影させていただきました。JALに搭乗した際にはぜひ見てください。台湾と隣合わせにあり自然がありのままに太古から残っている西表島、イリオモテヤマネコには逢うことはできなかったが、同じ時間を過ごしている気配を感じることはできた。日本は広くて奥深い。。。

Typhoon 5

奄美大島ではデイゴの花がたくさん咲く年は台風が多いまたは、蜂の巣が低いところでたくさんできたら台風が多いと言われている。今年は後者の方で台風の波に期待できそうだ。。。慌てず自分のペースで次のレベルに行けるよう精進します。