CHARFILM

Steeper and Deeper

絵のような窓

種子島のBamboo ForestというLivehouseのnaoさん、面倒見がよく心温かいサーファー

僕が撮影中気持ちよさそうにグライドしていた。。。

海の風を感じれる窓はまるで一枚の絵のようだった。

忘れもの

入道雲にのって 夏休みはいってしまった

サヨナラのかわりに 素晴らしい夕立をふりまいて

けさ空はまっさお 木々の葉一枚一枚が

あたらしい光とあいさつをかわしている

だがキミ 夏休みよ

もう一度 もどってこないかな 忘れものをとりにさ

迷子のセミ さみしそうな麦わら帽子

それから ぼくの耳に くっついて離れない波の音

by 高田 敏子

小学校4年生の国語の教科書にのっていた詩!!!

surf

毎年日本にやってくる台風、今年は台風の数がまだまだ少ない、

エルニーニョ現象のため、日本近海の海水温が低いのかもしれない

そんな年は秋に台風が多いかも、、、

波はあっても台風被害は出ませんように。

Steeper and Deeper

波とサンゴとヤシの木

インドネシア・スマトラ島の150km西に位置するアチェ州 シメルー島

インド洋のうねりを東西南北から受け波のポテンシャルは高い

ヤシの木がたくさん茂る島には猿、水牛、ヤギなど動物がたくさんいて

魚、果物、野菜など食べ物も美味しく、島の人々は純粋で心優しい。

イスラム教徒がほとんどのこの島で朝昼晩と聞くコーランはなんとも神秘的だった。

また行きたいと思える島にであうことができた。

俺たちの夏は終わらない!!!

Endress Summer

Bird eye sea

ドローンなんて機械が撮影してるし心が入らない

絶対やらないと思っていたが

普段見れない景色に感動して今ではドローンが楽しい。

先入観を捨ててなんでも新しいことに挑戦する心を大切にしたい。

New passport

新しいパスポートくを更新した。新たにまた十年世界を見に、

行けるとこまで行ってやろう、何でも見てやろうと思っている。

ずっと旅人でいようと思う。

Moon wave

日が暮れてからの時間帯が僕は好きだ、風が凪、海も空も色が刻々と移り変わり、

まるで自分が宇宙に浮かんでいるような感覚になれる。

海も空も宇宙も自分もすべて繋がっている。。。

Papua New Guinea

写真と動画の撮影両方は難しいができる範囲でやってみるとなんとかなる

やはりできないでなくやってみることが大切だと感じた。

編集も少しはできるようになった。うれしい。。。

満月と梟と黒糖焼酎

ホーホーと夜鳴く梟の気配を感じながら、満月の明かりで黒糖焼酎を飲む

太古のから続く自然の営みに思いをよせながら、宇宙の波長に自分を合わせる、

自分は無となり、ただその場で呼吸をする。

奄美大島の満月の夜。

エプソンフォトグランプリ

パプアニューギニアの奥地には、現代物質がなくても平和で幸せに暮らしている集落があり、何もないけれど、幸せの全ては揃っているそんな場所でした。子供達の生き生きした姿に感動しそしてさらに奥地に波を求めて旅をした時の写真です。モノクロ写真部門で入賞ありがとうございます。

Platinumn Print

サンフランシスコの美大で学生だった頃の作品、そのころの情景が浮かんでくる。

写真でやっていこうと決心した頃だ、何時も初心の頃の気持ちを大切にしようと思う。

search

たまに海亀やイルカ、クジラに遭遇できる豊かな海

次の世代に、更にもっと先の世代に残せるように行動したい。

三世代先のことまで考えて行動するインディアンのように、、、

 

First surf photo session

2019 年度初サーフフォトセッションをした、天気がよく陽が昇る前のマジックアワー

東シナ海の海は透き通るほど透明で美しかった。

今年もいい年になりそうだ。

敬天愛人

西郷南洲流謫跡地にほど近いポイント、西高東低でサーフィンできる冬のポイントだ。

今日は北寄りの風が強く決して良い波ではなかったが、水も暖かく楽しかった。

この沖を船で西郷どんがどんな思いで渡っていたのだろうか?

こんな冬の寒い日は何をしてたのだろうか?

島での暮らしが西郷どんにどんな影響を与えたのだろうか?

すべての侍を抱きしめ、飲み込み、連れ去った西郷どん

大きな男のロマンを感じることができた。

敬天愛人