台風の日の夕方、美しい光の中、向かい風が吹き、

神々しい波が水の糸を引きながらあらわれた。

それはまるで生き物のように見えた。